キンギョソウ「ポッピンキャンディー オレンジ」 :ジャパンフラワーセレクション(JFS)受賞品種

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

top.jpg

主催:ジャパンフラワーセレクション実行協議会

認定登録品種 苗物部門

HOME > 苗物部門 > キンギョソウ「ポッピンキャンディー オレンジ」

キンギョソウ「ポッピンキャンディー レッド」

日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2010
「ベスト・フラワー(優秀賞)」「ブリーディング特別賞」同時受賞
2010-2011.png受 賞 年:2010-2011
部 門 名:コンテナ苗部門
品 目 名: キンギョソウ
品 種 名: ポッピンキャンディー オレンジ
J F コード: LinkIconJF88262
出 品 者: 株式会社サカタのタネ
育 成 者: 西多 功一
育 成 権 者: 株式会社サカタのタネ


問い合わせ先:
株式会社サカタのタネ
通信販売部 
住所:〒224-0041 横浜市都筑区仲町台2-7-1
電話:045-945-8824

推奨ポイント

色鮮やかな花が次々とあふれるように咲くクリーピングタイプ(ほふく性)。

従来品種よりも鮮明な花色で茎が上部分に伸びない。

クリーピング性に優れ、キンギョソウ独特の甘い香りを漂わせ、鮮やかな花を咲かせる。

暖地では10月から11月、4月から6月までの長期間にわたり花を咲かせます。

品種情報

特 徴

  • ほふく性が強い花壇、コンテナガーデン用のわい性キンギョソウ。
  • 丈夫な性質で分枝性がよく、株は地を這うように広がり、花つき良く多くの花を咲かせる。
  • 短日期間でも花を咲かせる四季咲きタイプ。
  • 草姿は乱れにくく、株は広がり、多くの花を咲かせる。
  • 開花後は花穂をきり戻せば再び花芽をつけ花を咲かせる。
  • コンテナガーデンでは前面用への植え込み商材として好適。

審査講評

  • クリーピングタイプのキンギョソウで、地色はオレンジ色で花芯は黄色で、色のコントラストが美しい。
  • 従来のクリーピングタイプのキンギョソウは、ほふく性でもややこんもりと生育し、きれいなカーペット状になりにくかったうえ、生育するにつれて草姿が暴れやすかった。これに対し、本品種をコンテナに植え付けて栽培試験を行ったところ、揃いが良く、株がよくまとまりながら横へきれいに張り広がった。下垂性が強く、下に伸びた枝先の花が起き上がりにくいため、高い目線で観賞するハンギングバスケット等で使いやすい。花持ちも良好であった。品種としてかなり改良されたキンギョソウであり、総合的に優れた品種としてコンテナ苗部門のベスト・フラワー(優秀賞)を受賞した。また、その高い育種技術により、ブリーディング特別賞を同時受賞した。

管理方法

咲き終わった花はこまめに摘み取ると、次々に開花します。夏前に半分ほど切り詰めれば秋にも開花が期待できます。

植え時期
10月~11月、4月~5月
用土の種類
水はけのよい用土を好む。
肥料
長く咲かせるには、植える時に元肥を忘れずに、開花中は1000倍に薄めた液肥を月に2~3回ほど施します。
防除
気温の上昇とともにアブラムシ、アオムシ、ヨトウムシがつきやすいので定期的に薬剤を散布して予防します。

88262.jpg