プリムラ「アラカルト イエロー」 :ジャパンフラワーセレクション(JFS)受賞品種

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

top.jpg

主催:ジャパンフラワーセレクション実行協議会

認定登録品種 苗物部門

HOME > 苗物部門 > プリムラ「アラカルト イエロー」

プリムラ「アラカルト イエロー」

日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2010
「ベスト・フラワー(優秀賞)」「ブリーディング特別賞」同時受賞
2009-2010.png受 賞 年:2009-2010
部 門 名:コンテナ苗部門
品 目 名: プリムラ
品 種 名: アラカルト イエロー
J F コード: LinkIconJF86950
出 品 者: 株式会社サカタのタネ
育 成 者: 西多 功一
育 成 権 者: 株式会社サカタのタネ


問い合わせ先:
株式会社サカタのタネ
小売商品統括部
神奈川県横浜市横浜市都筑区仲町台2-7-1
電話: 045-945-8872

推奨ポイント

花茎が伸びるタイプのプリムラで、寄せ植えの中心にして華やかに楽しめます。

寒さに強く、冬から春のお庭を明るく彩ります。

うまく夏越しできれば大株になり、年内から多くの花穂がつき、見ごたえがあります。

品種情報

特 徴

  • 寒さに強く、冬の花壇を鮮やかに彩る花色。従来のプリムラより花茎が伸びる(20cm程度)ことで花壇のアクセントになり、コンテナガーデンでは寄せ植えの中心的材料として期待の品種です。
  • パンジー、ビオラ、ガーデンシクラメン、ハボタンなど比較的コンパクトな定番品目の中でこのアラカルトが入ることで目線があがり、売り場も華やかになります。
  • 高性タイプの中で早生であること。
  • 種間交配により作出したスプレーステムのニュータイプ。
  • 花径3cm内外、既存品種と比較しやや小さな花は、株元より発生し葉上に伸びた多くの花茎先端で開花する。
  • 多くの花が葉上で咲く容姿はまさにニュータイプである。

審査講評

  • 種間交雑による宿根性プリムラで、一般に普及しているアコーリス系や無花柄のポリアンサ系とは異なり、花茎が10-20cm伸長して先端で開花する。一花の開花期間が長い。香りが良いという点も評価できる。「和」の雰囲気があり、通常流通している“プリムラ”とは一線を画し、高さがあり、自然体な印象と2段咲きになる花姿は、今までにない新しいプリムラの誕生として評価できる。自然風ガーデンやコンテナなどで、品種特性が生かされるだろう。

管理方法

従来のプリムラポリアンサに準じます。

植え時期
11月下旬~
用土の種類
水はけが良い、有機質を含む肥えた用土。
肥料
長期間鑑賞するので定期的に追肥を施します。
水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

86950.jpg